217.6. スタック

| コメント(0) | トラックバック(0)

 パーマネントの晴れ舞台が場なら、それ以外の呪文の晴れ舞台はスタックです。
 ......いや、起動型能力や誘発型能力、あと戦闘ダメージの割り振りも乗りますけどね。
 スタックの一番上にあるオブジェクトは、両方のプレイヤーが続けて「何もしない」と意思表示した時に解決されます。間に、マナを出すなどのスタックを使わない行動だけをしていたとしても、それは「続けて」何もしていないわけではないので、解決には入りません。

 パーマネントにならない呪文は、スタックで解決されて墓地に直行します。
 パーマネントになる呪文は、スタックで解決されて場に出ます。

 オブジェクトがスタックに積まれる時はそれまでのオブジェクトの上に積まれ、解決される時は上から順に解決されます。複数の誘発型能力が同時に誘発した場合などは、解決したい順番と逆にスタックに積むのを忘れないように。

217.6. スタック
217.6a 呪文がプレイされたら、物理的にスタックに積まれる。能力がプレイされたら、カードはないけれども、その能力がスタックに積まれる。rule 409.1a 参照。
217.6b スタックは、それに加えられた呪文や能力の順序を記録している。オブジェクトがスタックに積まれたとき、それは既に積まれている全てのオブジェクトの上に積まれる。rule 408〔呪文や能力のタイミング〕参照。
217.6c 何らかの効果によって複数のオブジェクトが同時にスタックに積まれる場合、アクティブ・プレイヤーのコントロールするものが最初に積まれ、それからAPNAP順(rule 103.4 参照)で他のプレイヤーのオブジェクトがスタックに積まれる。1人のプレイヤーが複数のオブジェクトをコントロールしている場合、そのプレイヤーが自分のオブジェクトをスタックに積む順番を決める。
217.6d 呪文は、そのカードが持つ特性全てを持つ。スタックにある起動型能力は、その能力のテキストだけを持ち、他の特性は持たない。呪文や起動型能力のコントローラーは、その呪文や能力をプレイしたプレイヤーである。誘発型能力のコントローラーは、遅延誘発型能力を除いて、その能力が誘発したときのその能力の発生源のコントローラーである。遅延誘発型能力のコントローラーは、その能力を生成した呪文や能力のコントローラーである。
217.6e 全てのプレイヤーが続けてパスしたとき、スタックの一番上の(最新の)呪文や能力が解決される。全てのプレイヤーがパスしたときにスタックが空ならば、現在のステップやフェイズが終わり、次が始まる。
217.6f 戦闘ダメージも、スタックを用いる他のオブジェクトと同じように、スタックを用いて解決される。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.mtg.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/316

コメントする

このブログ記事について

このページは、*ぱお*/米村 薫が2009年2月15日 16:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「217.5. 場」です。

次のブログ記事は「ぎゃざりんくJSをbeta.gatherer対応に」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。